運転免許と特殊免許

今、合宿免許で自動車運転免許を取得する人が増えています。合宿免許とは、通学タイプの教習所とは異なり、泊まり込みで教習を受けるものです。特徴としては、短期間で料金も安いということが挙げられます。通学タイプの教習所は、自分の都合でスケジュールを組みます。学校や仕事の合間に受けるため、どうしても数ヶ月単位の期間が必要となります。しかし、合宿免許は教習所側が全てのスケジュールを組んでいるため、短期間での取得が可能となるのです。

合宿免許はほとんどの場合、市街地からかなり離れた場所にあります。そうなると、土地などの取得費や賃料が低く抑えられるため、初期投資額が市街地の通学タイプの教習所に比べ、格段に安くなります。また、短期間で教習生が次々に入れ替わりますので、同じ期間内でも通学タイプと比べ、多くの教習生を受け入れることができます。そのため低料金でも運営ができるのです。この2点が合宿免許の最大の特徴でもありメリットでもあるのです。

さて、特殊運転免許とは、フォークリフトやショベルカーなどを運転する際に必要な免許です。運送業や建設業に必要とされますが、なにしろ人手不足により運転手が足りていないのが現状です。そのため、あらたに特殊運転免許を取得して、転職しようという人も少なくはありません。そのため、合宿免許もこの特殊運転免許の取得を目指す人が多くなっています。このサイトは、その特殊運転免許と合宿免許について説明します。