合宿免許の特徴

車を運転するには、運転免許が必要となってきます。この運転免許も種類があり、二輪では普通二輪と大型二輪、普通自動車ではMTとAT、他にも大型車や二種免許など様々です。その中でも、特殊免許というものがあり、これはフォークリフトやクレーン、ロードローラーやロータリー除雪車など、特殊な車両を運転するために必要なものです。

免許を取得するには、一般的には通学タイプの教習所に通うことになります。ただ、その一方で最近は合宿免許にも人気が集まっているのです。ではこの合宿免許とはどのようなものなのでしょう。合宿免許はその名の通り、免許取得に向け合宿しながら教習を受けるタイプのものです。教習所が用意してくれた宿泊施設に泊まり込み、朝から夕方までしっかりと教習を受けるシステムです。

合宿免許の特徴としては、短期間での取得が目指せるという点です。どの合宿免許も最短で2週間程度での取得となります。効率的なカリキュラムとスケジュールによって、誰でもスピード卒業が可能となっているのです。また、合宿免許は観光地や温泉地など、自分が行きたい場所を選べるため、オフタイムを利用しての観光も楽しめます。このように、今や特殊免許も合宿免許で取得できる時代なのです。